rebozo img-11.jpg

​メキシコ工芸品コレクション

​の貸し出し

メキシコに古くから伝わる伝統的な織物「レボソ」。弊社ではメキシコ屈指の匠達によって製作された60数点のレボソのコレクションを、美術館やギャラリーでの展示にむけてレンタルでご提供しております。

レボソの歴史

レボソとはメキシコに古くから伝わる伝統的な織物で、歴史に残っているだけでも16世紀後半から存在しており、その前はアヤテという名前でさらに昔から存在していたと言われています。専用の織り機(オタテ)で織られた布とその技術はヨーロッパの人々の注目の的となり、従来の木綿だけではなく絹や金・銀糸でも織られるようになり、18世紀にその絶頂期を迎え現在に至っています。

特別な人に心を込めてプレゼントする品とされてきたレボソは、恋する男性から愛する女性へ、親から娘へ、成長した子供達から母親へと送られてきました。レボソは身に纏う衣類として、赤子を包むおくるみとして、また市場での買い物かごとして、メキシコ女性の日々の生活に欠かせない大切なアイテムでした。しかしヨーロッパ人の到来とともにもたらされたペダル式の織り機の登場で、歴史あるオタテを使って織られたレボソは近年どんどん少なくなっています。

 

「レボソの匠」エバリスト・ボルボア氏

そんな中かたくなにオタテを使い続け、古き伝統を現代に伝えた職人が、メキシコの「伝統工芸士」の称号を持つ「レボソの匠」エバリスト・ボルボア氏です。1927年に生まれたボルボア氏は7歳でレボソの織り手となり、2020年に没するまで精力的にレボソの製作に携わりました。伝統的なオタテと寝室を共にし、糸の選択からデザイン、染色、織りまですべての行程を一人でこなしたのです。

ボルボア氏は伝統的なオタテを使ってレボソを製作しましたが、それは近代の織り機とは違い、レボソの繊細さ、力強さ、そして品質を完璧に調節できるからです。ボルボア氏の手によって5〜6週間をかけて織られ、その後マクラメ技法という手作りの糸の房飾りが施された作品は、世界に一枚だけの「エバリストのレボソ」として珍重されました。

 

今日でもボルボア氏の弟子や彼に影響を受けた職人たちが、昔ながらの方法でレボソを作成しています。伝統技法を現代に伝える職人たちの手によって、長い時間をかけて製作されるレボソは、何世紀もかけて洗練されてきた美しさと力強さを合わせ持つ二つとない作品になります。今やメキシコでも見かけることが少なくなったレボソ。この素晴らしい伝統工芸品をぜひ日本の方々にも観ていただき、作品の一つひとつを通じてその長い歴史と文化を感じ取っていただければ幸いです。

 

またレボソ以外にも、銀細工を含む民芸色溢れる装飾品、陶器、漆細工、かご、刺繍の施された衣類など200点以上を保有しており、そのほとんどが各分野における著名な匠たちによる作品です。これらも展示目的のレンタルが可能ですので、ご興味があればぜひお問い合わせください。

Rebozo ギャラリー

その他工芸品